企業情報

事業紹介 - 製品情報 -

当社が製造する主要な製品をご紹介します。

製品イメージ

1前眼部OCT CASIA2

前眼部OCT CASIA2

非接触・非侵襲で前眼部の3次元撮影が可能な前眼部OCT。感染リスクの少ない検査方法です。水晶体までの断面像や、角膜の形状を計測する最新式の検査装置です。

医療関係者の方はこちら

前眼部OCT CASIA2 イメージ

2光学式眼軸長測定装置 OA-2000

光学式眼軸長測定装置 OA-2000

白内障の手術に必要な眼軸長(眼の長さ)や角膜の丸みや前房深度、水晶体厚みなど多くの部分の測定を目に触れることなく一度に測定します。

医療関係者の方はこちら

光学式眼軸長測定装置 OA-2000 イメージ

3オートレフトポグラファー RT-7000

オートレフトポグラファー RT-7000

眼の屈折度数(近視・遠視・乱視など)と角膜(くろめ)の曲率半径(丸みの程度)を赤外線を用いて測定します。また角膜の精密な形を測定します。

医療関係者の方はこちら

オートレフトポグラファー RT-7000 イメージ

4超音波計測・診断システム UD-8000AB

超音波計測・診断システム UD-8000AB

超音波を使用して眼の中の断層像を撮影します。角膜や水晶体が濁って眼内の様子が外から十分に観察できない場合などに用います。
網膜はく離や硝子体出血の診断に使用します。
また、超音波を使って眼の表面(角膜)から眼底(網膜)までの長さを精密に測定します。白内障手術の際に眼に入れる眼内レンズについて適切な度数を選ぶために必要な検査です。

医療関係者の方はこちら

超音波計測・診断システム UD-8000AB イメージ

その他の製品(医療関係者向けサイトへリンク)